M&Aアドバイザリー
<バイサイド(買手)のアドバイザリー業務>

FA(フィナンシャルアドバイザリー)業務として、M&A手続進行に関する総合的なアドバイスを行います。ディールの状況に合わせて、何をやるべきか、どのように進めるかを見極めてディールを進行させる必要があります。

また、買収先の仲介業務や対象会社の財務書類のデューデリジェンスも実施いたします。
財務デューデリジェンス
投資を検討している企業の財務諸表の調査・分析を行います。

まだデューデリジェンスという言葉が一般的でなかった1990年代、Due Diligence (デューデリジェンス)は「買い手の注意義務」と訳してお客様にご説明していました。

投資家は、投資を実行する前に、投資先の状況と投資後に顕在化する可能性のある取引を十分に調査する必要があります。
税務デューデリジェンス
税務申告書及び非経常的な取引を行った際の契約書等をレビューし、投資を検討している企業の税務上のリスクを調査します。

買収ストラクチャーの検討のために必要な事項の洗出しも行います。

買収ストラクチャーの検討

買収目的、法律上の制約と買収ストラクチャーごとのキャッシュ・フローを分析して、最適な買収ストラクチャーを検討します。

ストラクチャーごとのキャッシュ・フローは、会計処理方法よりも、主に税務上の諸規定によって決定されます。

法律と税務のポイントを押さえるのが肝要です。

買収契約に関するアドバイス
財務デューデリジェンス及び税務デューデリジェンスの結果を踏まえて、買収契約の内容について契約書作成時にアドバイスを実施します。

買収後のシミュレーション  買収によって、会計上の利益及びキャッシュ・フローがどのようになるのか、連結決算を行った場合のモデル分析を行います。

M&Aアドバイザリー
<セルサイド(売手)のアドバイザリー業務>

M&A手続進行に関する総合的なアドバイスを行います。セルサイドのアドバイザーとして、ロングリスト及びショートリストの作成、そして、譲渡ストラクチャーの検討結果を踏まえたアドバイスを行います。

また、譲渡先の仲介業務も行います。

財務デューデリジェンス
出資持分の譲渡を検討している出資者のために、譲渡する企業の財務諸表の調査・分析を行います。

バイサイド(買手)によるデューデリジェンスに必要なインフォメーション・パッケージを作成すると共に、セルサイドに有利な譲渡ストラクチャーを検討するために必要な手続きとなります。
税務デューデリジェンス
税務申告書及び非経常的な取引を行った際の契約書等をレビューし、譲渡ストラクチャーの検討のために必要な事項の洗出しを行います。

譲渡ストラクチャーの検討

譲渡時に留意すべき事項や法律上の制約を分析すると共に、譲渡時のキャッシュ・フローを分析し、最適な譲渡ストラクチャーを検討します。

譲渡契約に関するアドバイス

財務デューデリジェンス及び税務デューデリジェンスの結果を踏まえて、買収契約の内容について契約書作成時にアドバイスを実施します。